転職の動機を面接で伝える方法

転職活動をする時に注意するポイントとして、転職を決めた動機をどう説明するかということがあります。ほぼ間違いなく向こうから聞いてきますので、その時の答え方が転職の成否に影響します。前提として、転職の動機にはネガティブなことを話さないようにすることです。前の仕事を人間関係のごたごたで退職したという話はよくあることですが、面接の場で話すことでプラスの効果を与えることはありません。また、前の仕事と比較すると楽そうだからという動機がったとしても、それを採用面接の場で話していい結果が得られるとは思えません。後ろ向きな理由で転職活動をスタートした人の場合、次の仕事についても、同じようなトラブルを起こして、また次の仕事に行くと考えられがちです。転職の動機は面接の際にはよく聞かれますが、たとえ事実であっても、ネガティブな動機は口にしないようにしましょう。以前の仕事でこんなことをしてきた、だからこの会社で働く時にはこういう形で活かせると思うといった形で志望動機を話せるようにしておきましょう。前職で得たことが、次の仕事の内容にどう反映できるのか、全くイメージがわいてこないということもあるでしょう。しかし逆に、経験がないことが強みになるということもあるでしょう。転職のための面接を受ける時は、事実を話す必要がありますが、ネガティブなことを話す必要はありません。同じできごとでも、表現の仕方を工夫することで、前向きな動機や理由に置きかえることが可能ですので、面接時までに方針を決めておきましょう。
引越し見積もり料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です